スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェルママきちべえ
スポンサー広告  

落ち込むとき。
皆さまこんばんは。きちべえです。



一昨日、昨日と時間の関係やケガなどでパソコンを開けなかったので、携帯から更新したはずなのですが・・・・・


記事がない(==;)。



どうやらうまく保存できていなかったらしいです・・・ショック(TT)
頑張って打ったのに・・・(TT)







昨日は仕事のことやプライベートなことなどなどでちょっと落ち込んでいました。

そして訓練のときはシェルが大興奮してしまい、噛みつかれまくり(TT)
二の腕が真っ青に腫れてしまってものすごいショック・・・・




ヘコんでいるときに、静かにそばにやってきてちょこんと座って。。。
優しく励ましてくれるパートナーに憧れていましたが・・・・


シェルは真逆で手荒い励ましでした(==;)トホホ・・・・








いや~・・・一つのことに落ち込んでしまうと全部がガタガタと崩れてしまう気がしますね。
私の悪い癖です。


皆さんは何のお仕事をされていますか??


きちべえはドンくさくてしがないOLです。
(すみません、何の面白みもなくて(TT))


職種は数え切れないくらいありますが、その数だけ悩みがありますよね。
私は自分が情けなく思うことばかりで。。。(TT)。。。。







訓練も毎日続けてはいますが、シェルは最近気性が荒くなっているように思います。
完璧にリーダーと思える人からの指示では無いため、ストレスが溜まっているのでしょう・・・

先生からの指示を受けるときと表情が全く違います。
当たり前だとは解っていますが、先生が帰った途端噛み付いてくるシェルを見ているとちょっと悲しくなりますね、やっぱり。。。



う~~ん、訓練って、躾ってやっぱりすごく難しい。
思っていた以上に一筋縄ではいかないな。
だからやりがいがあるのかもしれませんが。。。。





こんな暗いことばかり考えていても仕方ないですよね。

切り替え切り替え^^!!

だってシェルは頑張ってるんだもん^^!!
最近では『オカワリ』と『フセ』を練習して、調子が良いときは一回の指示で出来るようになったんだから!!!


シェルはちょっとずつだけど成長しているはず。。。

それと一緒に私も成長しなきゃ^^







最近本当に写真が撮れなくなりました(TT)

仕事から帰るともう真っ暗!!!

フォトショップなどのソフトがあれば光っている目を修正したりできるのですが、PCオンチの私が持っているはずも無く(==;)(笑)

室内で飼っているワンちゃんはいつでも明るい写真が撮れていいなぁ。。。とうらやましく思います。




なので、今日はレッスンをしてくださっている先生にいただいたシェルの写真を載せました^^

私が撮るより良い表情してる!!!

先生のブログにもコメントと一緒にアップされたんですよ~^^☆



『やんちゃだ』って(--;)(笑)




先生曰く、『今まで見てきた中で一番力が強い』わんこですから(爆)。

先生、申し訳ごじゃいません(TT)




この写真は先週の土曜日のレッスン後に撮っていただきました^^

大好きな先生が目の前にいるからご機嫌なシェルです☆








『おやつくださいなり』

1



『オスワリできたらね^^』

『は~~い』

2



『できたなり』

3



『ヨシ、いいコ^^シェルは何のおやつが好きなの^^?』

『うんとね~~』

4



『今日もらったトリーツも好きだけどクッキーも好き』

5



『ふ~~ん^^今日は何の練習したの?』

『初めてフセの練習したなり。ホラ!』

6



『ホントだ!上手に出来たね~^^』

『えへへなり』

7



『ぼく、ちょっとずつだけどわかるようになったよ』

『うんうん^^えらいね~』

8













いつか優しく励ましてくれるパートナーになってくれるかな・・・・^^;(笑)







なってくれるはず!!!!





















とても励みになっています。
これからの私たちを温かく見守ってくださる方、愛のわん・ポチリをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
 


ランキングへGO!





シェルママきちべえ
思うこと   10 0

世界で一番愛しい君へ
皆さま、お久し振りです。

1ヶ月以上ブログをお休みしていて、その間本当にいろんなことがあり、またいろんなことを考えていました。


たくさんの仕事、悩み、持病アレルギーの悪化など・・・めまぐるしく過ぎていく日々に自分自身が追いついていない気がして、とても苦しかったです。

その間、自分のブログでさえ見るのが怖くなっていました。

シェルとの日々を綴るはずのブログ・・・なのに結局自分の弱いところばかりを書く場所になっていました。

そんな文章を見て、誰かが嫌な気分になったりしていないかと不安になっていました。



だからこんなにたくさんの励ましやアドバイスのコメントをいただいているなんて思ってもみませんでした・・・・とてもとても嬉しくて何度も読み返し、その度に涙が溢れました。
皆さま本当に本当にありがとうございます。

心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。

表現がヘタクソなのでどのようにお伝えしたら良いのか分かりませんが・・・


ありがとうございますしか出て来ません。






ブログを休んでいる間にシェルは月齢10ヶ月を過ぎ、ちょっと大人な顔(?)になりました。

シェルからもお礼を言わせてください。

みなさま


相変わらずやんちゃ過ぎて手に負えませんが・・・

そういうシェルにしてしまったのも私の躾不足のためです。
とても反省しています。

でもシェルのママになった以上、その責任は取りたいと強く思っています。

絶対シェルは周りの子達のようにお利口さんになれるはずだと信じているんです。






そうそう、シェルのおひげ、少し増えました。

これもちょっとお兄ちゃんになってきた証拠でしょうか??

おとな

で・・・でも一本一本に覇気がありませんが・・・(笑)










実は今日、ずっと悩んでいたことを一つ思い切ってみたんです。


シェルの躾のため、訓練士さんに出張訓練をお願いしたんです。

何だか勇気が出ずにもたもたしていたのですが、その間にも私の躾が間違っていたため、シェルとの上下関係が更に崩れてしまっていました。
今ではすぐに連絡しなかったことを後悔しています。



先生はお若くて綺麗でしたが、訓練が始まるとさすがプロという感じで・・・・

とても厳しかったです。そして力強かった。

でもそうでないといけないのだと思いました。それくらいの覚悟が必要なのだと。

私がいつもしているような行動をとるように言われ、いつも通りに散歩の準備などをしていると、間違った点だらけで・・・・

指摘される部分ばかりでした。

シェルは先生にも飛び掛り、噛み付き・・・知らない人に指示されることを拒んでいたのでしょう。とても激しい反抗を続けていました。

でも先生はとても冷静で、的確な指導をして下さいました。



今までハーネスで散歩をしていたのですが、躾のためには首輪のほうがよいと言われ、いつもつけている首輪にリードをつけて練習しました。

躾のためとは分かっているのですが、ものすごく強くリードを引っ張らなければならない場面が多々ありました。

『心を鬼にしてください。急に思いっきり引っ張ったとしても犬は死んだりしません。』

そういわれ、ものすごく辛かったけど強くリードを引っ張り何度もリーダーウォークの練習をしました。





先生は訓練のときと、それ以外の談話のときとのオン・オフがきっちりしていました。

訓練のとき以外はとてもフレンドリーで優しい先生。

先生を見ていると、私に足りていないものがたくさんありすぎて情けなくなるほどでした。

次回の予約をし、先生が帰られたあとも、シェルと一緒に練習をしました。

パパも立ち会ってくれていたので、三人で頑張りました。

つけ

大好きなパパにも何度も叱られました。

ぐー

でもシェルはちゃんとついてきてくれました。





時間をあけて、夜に練習再開。

シェルは生まれて初めてこんな経験をして、とてもぐったりしていました・・・

ちょっと休憩です。



きっと不思議な気持ちなんでしょう。

そして疲労感でいっぱいなのでしょう。。。

今までこんなに厳しくしたことがなかったため、シェルは何が何だか・・・と思っているのかもしれません。


シェルを見ていると、とても頑張っている姿が愛しくてたまりませんでした。

なのでつい・・・・

ぎゃー

本気で嫌がられましたが・・・・

むりやり

何か・・・何かひとつでもシェルに気持ちが伝わる方法があるのなら・・・

どうかこの大きな愛情がシェルの心に流れてくれますように。













シェルの首輪を何度も素早くかつ強く引っ張ること数十回・・・

きっととても疲れたでしょう。

『ハウス』が一番の課題だった私たち。

シェルはいつも入ろうとせず、後ずさりして嫌がっていました。

今日は入り口の目の前まで来ることができ、その瞬間『ハウス!』と言いました。

シェルはその言葉を聞き、無言の抵抗・・・

いつもなら飛びついたり噛み付いたりするのですが・・・今日は震えながら必死で脚をふんばっていました。

首輪を強く引っ張りました。

何度も何度も鈍い音で嗚咽を繰り返すシェル。

数分してシェルハウスの中へ・・・





私が小さな頃からきちんとしていれば、こんな歳になってこんな辛い思いをさせなくて済んだんだ・・・

ハウスの中でよだれを垂らし、咳き込んでいるシェルを見ると申し訳なくてたまらなくなり、ものすごく泣きそうになりました。

でも先生が、『絶対に弱いところを見せてはいけません』と強く言われていたので、必死でこらえ、
『シェル、今日はとっても頑張ったね』と伝えました。

おやすみを言ったあと、一人庭の外へ。

あんなに苦しそうなシェルを見たことがなかったので、本当に本当に申し訳なくて大泣きしました。




『ごめんね、ごめんね、シェル。本当にごめんね。ママ頑張るから、一緒に歩いてほしいよ』




心の中で何度も何度も繰り返しシェルに謝りました。

声を上げて泣きました。

シェル、本当にごめん。

ママは気付くのが遅すぎたよね。

もっと早ければこんなに首が苦しい思いなんてしなくてよかったのかもしれない。

シェルは他のおうちの子であったほうが幸せだったのかもしれない。

でもね、ママはシェルのママで本当に良かったと思ってるよ。

辛い思いばかりさせて本当にごめん。

ママがシェルを一生守るからね。










ガタガタだった日々。

変えてくれたのはやっぱりシェルでした。

シェルとずっと一緒に歩いていきたい・・・

そんな想いから、やっとブログを再開することができました。

そして皆さまの温かい気持ちを支えに頑張っていこうと思います。

もしよろしければ、以前同様応援していただければ幸いです。

よろしくです

どうかこれからも宜しくお願いします。

たくさんのコメントを下さった方々、本当にありがとうございます。


























注)トドではありません。

トド







ブログのタイトルを少しだけ変えさせていただきました。

リンクを貼って下さっている方々、お手数ですが変更していただけましたら幸いです。

宜しくお願いします。

























とても励みになっています。
これからの私たちを温かく見守ってくださる方、愛のわん・ポチリをお願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
 


ランキングへGO!








シェルママきちべえ
思うこと   26 0

つらい・・・・
皆さま、いつもたくさんの訪問やコメントをありがとうございます。
お礼がいつも遅くなり申し訳ございません。



最近・・・何だかブログを書きたいという気持ちが揺らぎ始め、とても落ち込んでいました。



実は先月の下旬くらいからシェルの様子がおかしかったのです。
いつもブログには元気な姿を載せていましたが・・・

正直、強がっている部分もありました・・・・








その原因は確実に私だと思っています。









ここにも書いたことがあるのですが、私は今、将来のために頑張っていることがあります。
それはパパと二人三脚で取り組んでいることなのですが・・・



会社が終わってからまた出掛けるので、帰るのはいつも夜中の1~2時・・・
たまに朝方まで帰らないときもあります。


何もない日は7時頃には帰り着くのですが、その時は家事を始め、溜め込んでいたいろいろな用事を片付けるので、シェルと遊ぶ時間は少なくなる一方・・・



私達が不在のときはじーじやばーばがご飯をあげてくれています。
でも遊んであげられるのは私達だけ。




シェルは5月頃からとてもお利口さんになり始め、まだまだやんちゃ坊主健在でしたが、『お座り』『待て』『お手』は当たり前、お散歩時もあまりリードを引っ張らなくなり『お兄ちゃんになったんだね^^』と喜んでいました。




しかし・・・私達が6月に始めたことで夜遅くまで帰ってこない日がどんどん増えてしまい、気付いたときにはシェルが私と目を合わせてくれなくなりました。




夏バテ?とは思ったのですが、カリカリフードよりも好きだったササミやむね肉を残すようになったり、以前にも増して本気で攻撃的に噛みつくようになったり・・・
毎日手が腫れあがり、青アザが残る日が続いています。



そして何だか顔つきが変わってきました。

人を上目遣いで疑ったように見つめたり・・・今までそんなことなかったのに歩行者の方に飛びついたり・・・

急に狂ったように暴れたりと、前のシェルとは明らかに違った様子でした。






『シェルと一緒に住みたい』という気持ちで始めたことだったのに、反対にシェルを傷つけてしまっている・・・・




そう思った瞬間、自分が何のために動き回っているのかが分からなくなり、急に涙が溢れました。





先日は・・・牙をむき出しにし、あまりに本気で噛み続けてくるので、ついカッとなり大声で怒ってしまいました。



それでも全くやめないで噛みついてきて・・・逆上したようでした。



爪が剥がれたり、ミミズ腫れから血が出たりと、声が出ないほど痛かった・・・
思わずお尻を強く叩いてしまいました。


でもシェルの心の方がもっと痛いのかな、と思った瞬間、
『私はシェルのママでいいのだろうか?』という気持ちになりました。



泣き崩れる私に対しても噛みついてくるシェル。




痛いのもありましたが、それ以上にどうすれば良いのか分からなくなり涙が止まりませんでした。






ちょうどシェルの月齢でその子の性格が決まってくると聞きました。
そんなときにどうして私は・・・・





お散歩のあと、眠っている小屋に入るのを頑なに拒み、嫌がって本気で噛みついてきます。

『お前が甘やかしすぎたからこんな言う事を聞かない犬になったんだ!』とじーじに言われたとき、なぜだかものすごく頭にきました・・・・






私が甘やかしていたからなのか?






いや、逆で、私がそばにいないからだ・・・・














小さなときは室内にいたということもあり、いつもそばにいて、いろいろなことを教えてきたつもりでした。
褒めるときは褒める、注意するときはきっちりと・・・・





わんちゃんと一緒に暮らすのが初めての私は、『どうして言うこと聞いてくれないの!?』と歯がゆくなって泣いてしまう毎日が続きました。




でも今の涙は違う気がします・・・・









出張訓練に来てもらって、プロのアドバイスをいただきたいと考えています。
でもそれは『シェルができないから』ではありません。



もともと他のわんちゃんに飛び掛ったりして全くお友達ができていないことが気になっていたのですが・・・


お散歩デビューして間もない頃に、知人のわんちゃんに顔を噛みつかれたトラウマがあるのかもしれません・・・






でもきっとオーナーの私がこんな気持ちでは全てうまくいかないのでしょう。
何もかも自信がなくて・・・







ここ数日では得意だった『お座り』もしなくなり、おやつがあるときだけ仕方なく座るくらい・・・









誰にも相談できなくてここに書いてしまいました。
暗いことばかりで申し訳ないです。



先輩方からしたら未熟者のグチで、イライラされることかもしれません・・・



だけど・・・何だか話を聞いていただきたかったのです。







シェルの笑顔が好きだと言って下さる方に謝りたかったんです・・・・









そして、何よりもシェルに謝りたい

























P1010777.jpg












本当にごめんね





















シェルママきちべえ
思うこと   27 0

ありがとう・・・
更新を楽しみにしてくださっている方々、訳あって全然更新ができていなくて申し訳ございません。




『明日からまた楽しい写真をたくさん載せていこう!』と昨日決めたのですが・・・
とてもとても悲しいことがあり、今日は何だかそんな気持ちになれませんでした。




私が大好きなブログのゴルちゃんが、突然虹の橋へ旅立ってしまったのです。







その子のお母さんはいつもシェルブログにコメントを下さり、またこちらがコメントを書き込むととても丁寧なお礼を下さる素晴らしい方です。
そして一緒に住んでるもうひとりのゴルちゃんも、とても愛らしく、ふたりでお散歩する姿を見ていると本当に癒される存在でした。





ただの一ファンである私がこれだけ辛いのですから、ご家族の方の悲しさ、辛さは計り知れないものでしょう。
そう思うと涙が止まらなくなり、現実を受け止められない私がいました。







私の表情がとても暗いものだったのでしょう。
シェルが心配そうにてくてくとやってきました。


P1030165.jpg




うん、あのねシェル・・・シェルの大先輩が突然お空へいってしまったの。

ママはもちろんのこと、日本中のゴルちゃんファンから愛されていたわんちゃんだったの。
お名前はく~ちゃんって言うの。



く~ちゃんはとっても楽しくて笑顔が素敵で・・・みるちゃんの師匠だったんだ。
く~ちゃんが突然倒れてしまって・・・おっかぁさんとみるちゃんが辛くて泣いている姿を思うと・・・
涙が止まらないの。



く~ちゃん・・・どうしてそんなに早くお空へいってしまったの?
おっかぁさんやみるちゃん、とても辛そうに泣いているよ?
みんなみんな、く~ちゃんが大好きだったの・・・
私、辛いことがあったらく~ちゃんの笑顔や歌を見て元気出してたの。

なのになんで?
どうしてく~ちゃんがこんなことにならなきゃいけないの・・・?

きっとみんなそう思ってるよ・・・







く~ちゃんのところからみんなが見えますか?
おっかぁさんやみるちゃんが見えますか?

今までのように、みんなが落ち込んだとき、く~ちゃんは見ててくれますか・・・?



P1030162.jpg




シェル・・・


うんうん、そうだね。
く~ちゃんはとても優しいから・・・
おっかぁさんやみるちゃんをいつも傍に感じて、そしていつも温かく包んでくれるよね。




P1030169.jpg




お空・・・
く~ちゃんが旅立ったお空・・・






IMG_0866.jpg






こんなに綺麗な夕焼けを見たのは久し振りでした。









シェルが教えてくれた通り、く~ちゃんからご家族への感謝の表れだったのでしょう。



おっかぁさん、みるちゃん・・・
そして誰からも愛される存在であったく~ちゃん。


みんな悲しいはず・・・



でもく~ちゃんは教えてくれたんだと思います。


命はいつ旅立つか分からないから命なんだということ。
命はいつ旅立つか分からないから大切なんだということ。




そして一緒に過ごした時間がとてもとても大きな宝物になっていくこと・・・





あまりにも身勝手な人間が多い時代、動物達と過ごす時間はかけがえのない宝物であることを、く~ちゃんは教えてくれました。



く~ちゃんが教えてくれた通り、シェルと過ごす日々を一日も無駄にしないよう生きていきます。







おっかぁさん、みるちゃん。。。とても辛いですよね。悲しいですよね・・・
私もじぃぷを亡くしたとき、本当に辛かったです。



でもく~ちゃんはそばにいてくれているはずです。
目に見えなくても、く~ちゃんはいつも温かく見守っていてくれるはずです。
頑張れなんて言いません。言えません。
だって頑張れないのは当然ですから・・・



涙は止めようとしても止まりませんものね・・・




だけど覚えていて欲しいです。
みんな味方です。応援隊です。


もちろん私やパパ、シェルも!!





またブログが書ける状態になったら教えてくださいね。

シェルと一緒に会いに行きます。



IMG_0919.jpg







く~ちゃん、元気をいっぱいもらえました。
本当に本当にありがとう・・・






じぃぷに会ったときは・・・どうぞよろしくね。












※いつも愛のわん・ポチリをありがとうございます。
 今日はランキングのボタンの掲載を控えさせていただきます。
シェルママきちべえ
思うこと   10 0

動物たちの未来
今日、ヤフーのトップニュースに、『沖縄県、犬猫殺処分件数第一位』と出ていました。


私は顔に似合わず、そういうことをものすごく深く冷静に捉えてしまうほうで・・・
自分が住んでいる町、住んでいる県、そしてこの日本で起きている身近な問題として受け止めています。


私が住んでいる市にも動物管理センターがあり、その近くを通るときはものすごく心苦しくなります。

きっとその管理センターで働いている職員の方の精神的な苦痛は計り知れないものなのでしょう。



だって身勝手な元飼い主の変わりに、天使のような子たちを殺す役をしなければならないのですから・・・








私は犬と一緒に暮らす前までは、意識はしていたけれどまだ遠いところにある問題のような気がしていました。

その頃はうさぎと暮らしていました。
しかし、うさぎもその問題の例外ではなかったのです。

うさぎは毛皮を剥ぎ取るため大量に繁殖させられ、また動物実験に使われる代表的な動物だったのです。

愛する動物たちのため、何が一番最初に出来るのかを考えたとき、まずはおろかな人間が繰り返している問題行為を調べることから始めました。


すると山のように出てくる記事、文章、そしてリアルな写真や動画・・・・






思わず目を覆いたくなるような悲しい現状。

そしてその行為を繰り返すのは自分と同じ人間だということ・・・・






私たちはえらいのでしょうか?
私たちは無敵なのでしょうか?
私たちは頂点なのでしょうか?
私たちは一体、動物たちからどのような目で見られているのでしょうか・・・?


ペットブームといわれるその影で、乱繁殖や殺処分、動物実験は耐えません。
G・レトリバーちゃんだって、一時期のブームのせいで乱繁殖された結果、股関節形成不全が大発生しましたよね・・・


私が住んでいる町に大きなペットショップがありますが、とても狭いガラスケースに入れられ、売れ残った子は1万円~2万円という価格で売られ・・・
大きくなった子は2千円ほどで動物実験の研究室に売られるそうです・・・








血統書つきはえらいですか?

雑種はダメなのですか?












ある管理センターに生後2ヶ月の猫ちゃんを連れてきた家族が言いました。
『うちでは飼えないから要らない』

でも管理センターを出るとき言いました。
『こっちの子のほうが可愛いから連れて帰る』




そのセンターの職員さんは殴ってやりたい気持ちを抑えきれず、その家族が去った後悔しくて泣き続けたそうです。







動物が好きですか?
死ぬまで一緒にいたいと思えますか?


でも何かが矛盾していませんか?








もしもあの日、パパと私がシェルを見つけていなければ・・・・

もうシェルはこの世にいない可能性だってあるんですね・・・・






辛すぎますね。悲しすぎますね。

そんな人間は汚いですね。







動物ほど純粋なものはありません。どうしてあの瞳を置き去りに出来るのでしょう?







そんな世界は、そんな時代は続くべきではありません。







殺処分が当たり前になった社会など何の価値もありません。







動物放棄をしたことがある人全てに言いたい。







あなたは自分で自分の家族を殺せるのか、と。








P1010863.jpg
















この世界に天使の笑顔が溢れる時代がきますように。



この間違った世界が早く終わりますように。















とても励みになっています。
もし私と同じ気持ちになってくれたなら・・・愛のわん・ポチリをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
 

こちらもお願いします。

ランキングへGO!




シェルママきちべえ
思うこと   10 0

| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。